www.baggett-and-sons.com

任意整理というものはよく債務整理とも言われていて、おのおのお金の貸し手に対し債務の返済を継続することを前もって決めた債務の整理の選択のことです。普通の手続きですが司法書士事務所あるいは債務処理経験のある弁護士貸方と債務者の間に入って示談をして、利息を定めている法律に照らしながら利息の再適用をもとに一から計算しなおした借りたお金の元金について利息をカットしたことにより36か月程度の期間で返済を目指す借金整理の方策です。この場合は裁判所などをはじめ公的機関が手出しすることはないので他の選択肢と比較した場合手続きを取った際のリスクが最も少なく、手順自体も債務者に頭の痛い問題になることがないのでメインとして考慮しなければならないモデルだといえます。貸方が消費者金融に類する高額な借入利息の場合には、利息制限法が許す貸出利息に追加して渡した利息分においては借入金の元金に充てるとみなされ借金の元金それそのものを減らしてしまうこともできてしまいます。ですので、消費者金融といったような高い年利を取るところへ長い期間返済し続けているケースでは一定の金利分を減額できるような場合もありますし、十数年返済し続けている場合だと負債そのものがなくなる可能性もあります。借金の整理のポイントは自己破産とは違ってある部分だけの借金だけをまとめていくことができるため、他に保証人がいる負債額を別として検討したい場合や自動車ローンの分以外だけを整理をしていく場合等においても用いることが可能ですし、全ての財産を手放してしまう義務がないため、投資信託やマンションなどの自分の資産を持っていて手放したくない場合にも活用可能な債務整理の手順になるでしょう。しかし、後々返済が必要となる額と現実の収入額を比較し、適切に返済の目処が立つ場合においてはこの方法で手続きを進めていくことが可能ですが、破産と異なり返済義務自体がなくなるということではないため、元金の合計がかなりになるような場合は任意整理で選択肢を選ぶのは困難だといえるでしょう。
Copyright © 1999 www.baggett-and-sons.com All Rights Reserved.