www.baggett-and-sons.com

民事再生による整理はマンション等のローンを含め重債務に苦しめられている人々を対象として、住居を維持したまま金銭管理の面で再生するための公の機関を通した債務整理の方法として適用された選択肢です。民事再生は、自己破産と違って免責不許可となる条件がないので競馬などで債務が増えたような場合においてもこの方法はOKですし破産申請をすれば業務できなくなる可能性がある業界で仕事をされているような場合でも手続きはできます。破産宣告ではマイホームを残しておくわけにはいきませんし、特定調停と任意整理では、借金の元金は払っていくことが求められますので、住宅ローンなども払いながら返済をしていくことは実際のところ難しくなるでしょう。ただし、民事再生という手続きを選択することができれば住宅のためのローンのほかの借入は額をカットすることが可能なため、ある程度余裕にマンション等のローンを返済しながら残りのローンを払っていくことができるということになります。しかしながら、民事再生は任意整理による手続きまたは特定調停といった手続きと違い一部分の借り入れだけを切り取って処理することは許されていませんし、破産申告におけるように元金が消滅するのでもありません。くわえて、これ以外の処理と比べると手続きの手順が複雑で手間が必要ですので住宅のためのローンを持っていて住宅を手放せない時など以外の、破産宣告などのそれ以外の整理方法がない際の限定的な解決策と考えるのがいいと思います。
Copyright © 1999 www.baggett-and-sons.com All Rights Reserved.